住宅診断(ホームインスペクション)

平成30年4月1日より、改正宅地建物取引業法が施行され、中古住宅の取引の際、住宅診断(ホームインスペクション)の説明が義務化されました。

これにより、宅建業者は中古住宅の媒介契約時、売買契約に到るまでの間に、該当する中古住宅における住宅診断の実施の履歴や予定の確認を行うこととなります。
住宅診断(ホームインスペクション)を行うことで、中古住宅の現在の状態を把握し、売主、買主ともに安心して中古住宅を取引できる市場環境が整備されます。

中古住宅は個人間での売買が多く、買主が建物の状況を知ることはとても難しいです。
基礎や外壁の劣化状況や、雨漏りの程度、建物全体の歪みなど、多くの瑕疵は専門的な知識を要するものであり、一般の消費者には発見できないものもあります。
中古住宅を売買したものの、それらの修繕費用が想像したよりも高くついてしまうことも考えられます。
そうならないために、第三者による住宅診断(ホームインスペクション)をご利用しては如何ですか?

私たちは既存住宅状況調査技術者として、(公社)日本建築士会連合会に登録されています。
住宅診断(ホームインスペクション)ご利用の流れは下記リンクをご覧ください。

住宅診断を行いたい方、住宅診断業者をお探しの方は下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。