春爛漫


 

 
昨日の雷雨にうって変わって、今日はとてもいい天気です。

私の自宅兼事務所のあるさいたま市緑区は、その名の通り、とても緑に溢れた場所です。
植木の町として知られている川口市の安行に近いためか、この地域にお住まいの皆さんのお庭に対する意識が高く、お庭や街路樹がとても綺麗に手入れをされたお家をたくさん見かけます。

1枚目の写真の右手にはURの団地があるのですが、この緑道に沿ってハナミズキが植わっています。
時期的にはもう終わりなのですが、まだ少し花が残っていますね。
奥には手入れされたモッコウバラが見えます。

モッコウバラは中国が原産のバラの一種で、常緑のつる性低木になります。
サクラやハナミズキが終わる頃、黄色や白色の小さい花をたくさんつけるので目にすることが多いかもしれません。
私の自宅の周りには多くの人が生垣の一部として植えていて、この時期の風物詩となっています。

黄色い花には香りがありませんが、とても目を楽しませてくれますね。
新緑も輝いています。