『啓蟄』

今日から二十四節気の『啓蟄(けいちつ)』です。

「啓蟄」は二十四節気の第三。

七十二候の初候は「蟄虫啓戸(すごもりむし とを ひらく )」、
次候は「桃始笑(もも はじめて さく)」、
末候は「菜虫化蝶(なむし ちょうと なる)」です。

いよいよ、冬の終わりが近づいてきましたね。
日差しは日増しに力強さを増し、昼には薄手の羽織物でも平気な日が増えてきました。
木々は新芽を伸ばし始め、新しい春の到来を待ちわびているようです。
虫や動物たちも、首を長くして待っているのでしょうね。

次節はいよいよ『春分』です。