『夏至』

今日から二十四節気の『夏至(げし)』です。

「夏至」は二十四節気の第十。

一年で最も日が長い日が夏至と言われています。
しかし、日本では一年で最も日が早く昇る日でも、一年で最も日が遅く沈む日でもないようです。
これもなかなか興味深いことですね。

七十二候の初候は「乃東枯(なつかれくさ かるる)」、
次候は「菖蒲華(あやめ はなさく)」、
末候は「半夏生(はんげ しょうず)」です。

春から夏にかけては七十二候にも動物や植物、虫などの生き物の様子が多く出てきます。
夏に向け、世界がどんどん活気づいていく様も、こういうところから読み取れるのは面白いです。
まだまだ梅雨は続きますが、雨に濡れる紫陽花などを愛でながら、梅雨も楽しみたいですね。

次節は『小暑』です。