『霜降』

今日から二十四節気の『霜降(そうこう)』です。

七十二候の初候は
「霜始降(しもはじめてふる)」、
次候は「霎時施(こさめときどきふる)」、
末候は「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」です。

朝晩の冷え込みが更に強くなりました。
関東ではまだですが、そろそろ霜が降りる時期です。
秋から冬へ、季節の移り変わりを感じてきました。
この時期に降ったり止んだりする雨を「時雨」と言いますが、初時雨は動物たちが冬支度を始める合図となっているそうです。

次節はいよいよ『立冬』です。