『立秋』

今日から二十四節気の『立秋(りっしゅう)』です。
まだまだ暑い日が続きますが、暦の上では秋が始まります。
七十二候の初候は「涼風至(すずかぜいたる)」、次候は「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」、末候は「蒙霧升降(ふかききりまとう)」です。

「秋」という言葉には、収穫時期という意味も含まれています。
この時期は様々な果物や野菜が収穫の時期を迎えます。
シソやミョウガもその一つで、先日頂いたものはとても瑞々しく美味しかったです。
「季節のものを食す」
これはとてもいいことですね。

また、この時期の季節の花は、私の大好きな「向日葵」です。
さいたま市近辺では大きな向日葵畑がいくつかあります。
見頃を終えたひまわり畑もありますが、以下のひまわり畑はまだ見頃のようです。
・蓮田根金ひまわり畑
・神川町ひまわり畑
昼には大きな向日葵を、夜には花火を見て、過ぎ行く夏を楽しみたいですね。