『小暑』


 
今日から二十四節気の『小暑(しょうしょ)』です。
梅雨が終わり、本格的な夏が始まるのがこの時期です。

七十二候の初候は「温風至(あつかぜいたる)」、次候は「蓮始開(はすはじめてひらく)」、末候は「鷹乃学習(たかすなわちわざをまなぶ)」です。

じんわりと汗ばむ季節から、汗が滴る季節に変わります。
エアコンが普及した今、汗をかくことが少なくなりました。
汗をかくことは本来とても大切なことです。
汗は体温を下げるために、体が行う防御反応の一つと言われています。
汗が蒸発する際に気化熱として熱を奪い取っていくことで、体温を下げることが出来るのです。
それを全て拭き取ってしまうと、体の熱を下げる手段がなくなってしまい、熱中症になる危険性があります。
肌に少し水分が残るように、濡れたタオルなどでさっと汗を拭き取ると、気化熱でとても涼しく感じます。
是非、試してみてください。

さて、本日は七夕です。
今年は天の川が見られるのでしょうか?
夜空を楽しみに見上げてみたいと思います^^