『大寒』

今日から二十四節気の『大寒(だいかん)』です。

「大寒」は二十四節気の第二十四。
一年のうちで、もっとも寒さが厳しい時期になります。

七十二候の初候は「款冬華(ふきの はな さく)」、
次候は「水沢腹堅(さわみず こおり つめる)」、
末候は「鶏始乳(にわとり はじめて とやにつく)」です。

この頃から、三寒四温と言われるように、徐々に春の兆しが見え始めてきます。
ふと、木々に目をやれば、枝の先には新芽が膨らみ始め、春の訪れを待ちわびている様子が伺えます。
今年の春はまた新しい気分で迎えられそうです。

次節は『立春』です。