高断熱・高気密な家(断熱編)

高断熱・高気密な家と聞くと、どんなイメージを持ちますか?


「冬は暖かそうだけど、夏は暑い」
「時々窓を開けないと息苦しい」

実はどちらも誤ったイメージです。
断熱は比較的わかりやすいのですが、気密ってわかりにくいですよね。
実はこれらはセットでなければならないもので、どちらかだけを採用することは適いません。

今回はそのうち、断熱についてご説明します。

・断熱材について

断熱はわかりやすく言えば、服で例えられます。
どんな素材のものを、どれくらい着ているかということ。
住宅で使われる断熱材は、今や数え切れないくらいの種類がありますが、大きく2種類に分けられます。
それは「繊維系」と「発泡系」です。
「繊維系」は昔から使われてきたグラスウールをはじめ、ロックウールやセルロースファイバーなどです。
これらは繊維と繊維の間にある空気が熱をシャットアウトすることで断熱されます。
一方、「発泡系」はスタイロフォームやウレタンフォームがよく知られています。
こちらはその断熱材の中に閉じ込められた空気によって熱を遮ります。

断熱材は服で例えることが多いので、冬の寒さへの対策としてのイメージが先行しますが、本当は夏も大活躍しています。
断熱材は熱を伝えにくいので、夏の暑さを遠ざけることができます。
身近なものでは、魔法瓶がいい例です。
魔法瓶は、真空層が熱を伝えにくい性質を利用し、中の氷がなかなか溶けないのです。

・断熱工法について

そして、断熱工法は2種類に分けられます。
「内断熱工法」と「外断熱工法」です。
意外かもしれませんが、これらは併用することもできます。
内断熱工法は昔からある工法で、繊維系でも発泡系でも施工することができます。
内断熱工法の場合、気流止めがしっかり施工されているか、注意が必要です。
壁体内の空気が動いてしまうと、断熱材の効果が半減してしまい、いくら断熱材を入れても意味がなくなってしまいます。

外断熱工法は、建物全体を断熱材で包む、先に述べた魔法瓶のような工法です。
こちらは発泡系の断熱材でのみ施工可能です。
外断熱工法はしっかりとした知識があれば断熱欠損が出来にくい反面、性能を求めると外壁がどんどん厚くなるという欠点があります。
海外の、それこそ北欧の住宅などは外壁の厚みが50センチにもなることがあります。
海外の住宅の性能が高いのは、外皮の性能がとても高いことに起因しているのです。
とはいえ、次世代省エネルギー基準(H11年基準)の等級4に適合する性能であれば、例えばアキレス社のキューワンボードを使えば45mmで十分クリアできます。

このように、様々な種類の断熱材があり、工法による制限もあるため、断熱だけを比較して一概にどれがいいとは言えないのが現状です。
しかし、建築時に断熱性能を上げておくことはとても重要です。
断熱材は外壁を構成する壁の内部または外部に設置しているため、設備機器のように後から交換したり、取り付けたりするのはとても難しいのです。
そして、基本的に劣化しにくいため、一度設置したら取り壊すまで建築当時のままであることが多いのです。

断熱材はお引き渡しをした後はほとんど見ることがありません。
数年で交換してしまう設備機器よりも、何十年もそのままとなる断熱材は住宅の基本性能そのものなのです。
見えるものよりも、見えない部分に本当の価値があると私は考えます。

次回は気密編をお届けします。