まずは下地を作ります。

新規で壁を建てる部分があったり、解体で壊し損ねていたり、余計に解体されてしまっている部分があるので、それらの補修や手直しから始めます。

また、現場ではこういうこともあります。

解体時に力をかけてしまって割れてしまいました。

裏に合板等の裏打ちがないことにも驚きです。

床仕上げの材料はロスを見込んでいましたが、ここまでは見込んでいませんでした。

追加発注です。

また、一部の壁には断熱材を仕込みました。

南側の外壁は直射日光を受けるので、できる部分だけでも断熱をしておきます。

【心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス】