MDP(vol.9)〜床仕上げ3〜

前回はフローリングを貼り始めました。

〜前回までの記事はこちら〜
・Matsudo DIY Project(vol.1)
・MDP(vol.2)〜セルフ断熱改修〜
・MDP(vol.3)〜セルフ断熱改修2〜
・MDP(vol.4)〜天井仕上げ〜
・MDP(vol.5)〜壁下地〜
・MDP(vol.6)〜床下地〜
・MDP(vol.7)〜床仕上げ1〜
・MDP(vol.8)〜床仕上げ2〜

少し飛ばしてしまいましたが、タイルの目地も詰めました。

ホームセンターで売っている、既調合のセメント系目地材を使います。
バケツやスコップは混ぜられれば、どんなものでも大丈夫です。

規定量の水を加え、しっかりと混ぜます。

目地底まで詰まるようにしっかりと押し込みます。

目地を詰めました。


およそ2時間の作業でここまで進みました。

そして、さらに3時間。

端部の処理が少し残っていますが、おおよそ2日半でほぼ床が出来上がりました。

とても優しい色合いです。
自然素材である無垢材は時を経ることによって、色に深みが増してきます。
多くの建材は時間が経つと品質が落ちるため、「経年劣化」が心配されますが、
自然素材は「経年美化」を楽しむことができる素材です。
『時とともに美しくなる』
何とも言えない響きですよね。
今後の変化が楽しみです。