昨年11月から現地調査、設計提案をしていた茨城県稲敷市の案件ですが、先日、設計契約をさせて頂きました。

本物件は、大きく2期に分けての計画となる予定です。

◾︎第1期

第1期は中核となる施設の整備です。

こちらは鉄筋コンクリート造の平屋建てですが、廃墟となってから数十年経過しているため、内装の傷みは激しいものとなっています。
そこで、内装を綺麗にするのですが、全てを更新してしまうのではなく、一部は今の雰囲気を残せるようにしたいと思っています。
こちらには、ロビーや受付などの他、水廻り機能を集約する予定です。

◾︎第2期

第2期はキャンプ施設としての機能を整備します。

まだ未定ではありますが、焚火台付きの常設テントやフリーサイト、ドッグランなどの整備の他、集会所として利用されていた木造古民家の減築・再生に着手する予定です。

本物件はリノベーションであることから、設計するにあたり、現場に何度も足を運び、現地の実測をすることとなりそうです。

今後も進捗を、ブログやSNSでお知らせしていきたいと思います。

【心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス】