先日、神奈川県の寒川町で行われたDITイベントに参加してきました。

主催はDITの先駆者であり、「ともにつくるを楽しもう」をコンセプトに掲げるKUMIKI PROJECTさんと、
私の大学時代の同期であり、大磯をお中心に活動しているテノアト設計工舎の岸田くんでした。

普段は床貼りや壁塗り、家具など、見栄えのする部分が中心のDITイベントの中、
今回のイベントは異彩を放つ「断熱ワークショップ」!
玄人感がたっぷりです。

さて、使う断熱材はこちら。グラスウールです。

断熱材としては定番中の定番であり、最も扱いやすい反面、施工にはコツも必要な材料です。
袋入りと剥き出しの2種類ありますが、今回は剥き出しのタイプを使うようです。


施工方法の講習です。
切断はカッターで簡単に切れます。
グラスウール等、断熱材の施工には、隙間があってはなりません。
細かく指導して頂きました。

この後、しばらくは楽しく談笑しながらの作業となりました。
しかし、1時間もすると、参加者の顔つきが少し変わり、真剣な表情に。
皆さん、職人モードです。

作業に没頭すること、およそ4時間ほど。
この日の作業工程分が終了しました。

作業後の室内です。

参加者の丁寧な作業で、しっかりと施工できました。
私も久しぶりの職人モードでとても楽しめました。

DITは、DIYの延長線上にあります。
ものづくりはとても楽しいですよね。
一緒に作った仲間とその楽しさを共有した時、作ったものとその仲間に、更なる愛着が沸くのだと思います。
また、DITに参加したいですね。

岸田くん、お疲れ様でした!
誘ってくれてありがとう!!

大磯で設計事務所をお探しならテノアト設計工舎まで。
〜自分で造る豊かな暮らし〜「テノアト設計工舎」