『秋分』

今日から二十四節気の『秋分(しゅうぶん)』です。

「秋分」は二十四節気の第十六。
朝晩の冷え込みが少しずつ顕著になって来ています。
気付けば、彼岸花(曼珠沙華)も綺麗に咲き、秋の訪れを実感できます。

七十二候の初候は「雷乃収声(かみなり すなわち こえを おさむ)」、
次候は「蟄虫培戸(むし かくれて とを ふさぐ)」、
末候は「水始涸(みず はじめて かるる)」です。

先日、家族で初めて稲刈りに参加しました。
普段使わない筋肉を使った為、2日くらい筋肉痛になりました。
娘もたくさん手伝って疲れたのか、帰りの車ですぐに寝てしまいました。
自然の中で過ごすと、とても気持ちいいものです。
まだ3歳の娘ですが、これからも食の大切さをしっかりと伝えていきたいと思っています。

次節は『寒露』です。