今回のリノベーションでは断熱改修の他、水回りを含む、内装の更新も予定しています。

システムキッチンの仕様を決めるため、ショールームに行ってきました。

本物件で選定したメーカーさんはTOCLAS(トクラス)さん。
社名が数年前に変更されていますが、以前のヤマハさんです。
ヤマハがキッチン?と思うかもしれませんが、
人造大理石を使ったシステムキッチンを日本で初めて制作したメーカーさんです。

TOCLASさんのHPはこちら

まずは人造大理石の特徴や手入れの方法などを聞き、キッチンの仕様を見せて頂きます。

引出しはデッドスペースが少なく、収納量を多く確保するように作られています。
それぞれの引出しの高さは、収納する物に見合うよう想定されています。

換気扇もまた、手入れがし易くなるような工夫が施されています。

キッチンの天板は様々なものがありますが、つなぐデザインでは人造大理石を選ぶことが多いです。
日本では天板の定番はステンレスですが、海外では本物の大理石をよく使います。
もちろん、本物の大理石でも良いのですが、耐久性、メンテナンス性、価格など、
様々な要素を考慮すると、現時点では人造大理石が最も温かみのあるデザインであるように思うのです。

キッチンは住宅にとって、なくてはならないもの。
しかしながら、システムキッチンは必ずしも安いものではないし、場合によっては造作してしまった方がいい場合もあります。
今回は人造大理石のシステムキッチンを選択しましたが、クライアントのニーズと与条件に合わせ、取捨選択をし、最善と思われる手を考えていきます。

[心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス]