にわのわ出店ブースの製作、建込みが終わり、日常が戻っています。

ここ最近は、いくつかの小さな案件を平行して進めており、比較的大きなものでは松戸の断熱リノベーションと、浦和のシェアオフィスの計画を進めています。

断熱リノベーションでは、暮らしの質を高めるための住まいの断熱性能の向上と、ライフスタイルの変化に合わせた間取りの変更、水回り設備の更新を行います。

築40年近くにもなる昔ながらの和風住宅で、大きな傷みはないものの、外壁の一部には雨漏りの跡、内部仕上げの劣化などが見られるため、全面的な改修を予定しています。

この案件では予算とのバランスを見ながら、性能を高めることが求められています。

つなぐデザインオフィスでは暮らしをつくる上で、最も重要なものは性能であると考えています。

デザインなど、目に見える大きな変化が注目されがちなリノベーションですが、その根底となる性能も重点的に向上していきます。

冬のストーブで暖められたリビングや、夏のエアコンの効いた部屋から出たくなかった暮らしから、家全体が快適になることで活動的になることが、本質的に豊かな暮らしにつながると考えています。

今回の断熱リノベーションでは、それらを加味した上で暮らしの質を向上するように計画を進めていきます。

【心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス】