想像リノベとは

手が動かなくなったら終了する、気まぐれ設計シリーズの第2弾です。
マンションや戸建てなど、種類を問わず、大手不動産紹介サイトを見て、ある条件をクリアした物件を、勝手にリノベーション設計をしてみます。

●物件検索条件の設定

まず、大きく3つの条件を立て物件を検索することにしました。

  • 物件価格が1500万円以下
  • 駅から20分以内
  • 1981年6月以降に完成

設計条件の設定

更に、設計条件として3つの項目を設けました。

  • お住まいになるのは30代のご夫婦と子どもが1人
  • 共働きをしており、家事は分担
  • 将来的にはもう1人子どもを考えている

以上を踏まえ、設計をしていきます。

●今回の物件の紹介

今回も同じく松戸市の物件。
東松戸駅から徒歩15分のところにある、1994年に竣工した築26年のマンションです。
床面積83.32㎡の3LDK。ご家族で使うにはいい広さです。
しかし、やはり間取りが古く、個室の確保が最優先されていて、リビングダイニングが13畳とご家族で使うには少々手狭に感じます。

→大手不動産紹介サイトのページはこちら(別ウィンドウが開きます)

今回も前回同様の設計条件で、プランを練り直しました。
リビング続きだった和室は小上がりにして、床下収納とします。
高齢になってくると、起き上がるのが不便になってきますが、小上がりだと体を移動しやすいという利点があります。
また押入れは撤去し、その分をリビングに振り分けることで、家族が集まりやすい空間にしました。
キッチンも間取りの変更に合わせ向きを変えます。
レンジフードや給排水の位置は大きな変更をしないことで、コストダウンしながら、使いやすいレイアウトと明るい広いキッチンを確保しました。

次にWIC(ウォークインクローゼット)は拡張し、WIG(ウォークインガレージ)とすることで、家族で利用する大きな収納を確保します。
マンションでありがちな季節ものの収納をここに集約します。

トイレや浴室などはそのまま残すところも、コストダウンのポイントです。
これらの設備もいずれ交換の時期が来ますが、使えなくなる前に交換する方針にしています。
なお、このリノベーションが実現するという保証はありませんのでご了承ください。


如何でしょうか?
マンションリノベーションはポイントを絞り、構成を組み直すことで求める暮らしに近づけることが出来ます。
「こんな暮らしがしたい」というご要望を是非お聞かせください。
暮らしに寄り添うご提案をさせて頂きます。
ご相談、お待ちしております。

【心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス】