住宅を含む建物には、多くの材料が用いられ、作られています。
それらの材料は大きく分けて、2つに分類されます。
ひとつは新建材、もうひとつは自然素材と呼ばれるものです。
それぞれどんな特徴があるでしょうか?


−新建材とはどんなもの?

新建材、あまり聞きなれない言葉ですよね。
新建材は、工場で生産される建築材料のことです。
主な品目として、石膏ボードやビニルクロス、合板などがあります。
現在の住宅にはこれらの新建材が多く使われています。
その特徴は狂いが少なく、扱いやすいように加工されていることです。


−では、自然素材ってどんなもの?

自然素材はその名の通り、自然由来の原材料を組み合わせ、建築材料として利用したものです。
建築に使われる自然素材にはいくつかの種類があります。
代表的なものは木や石、漆喰、土などです。

木は様々な部位に使われます。
日本の多くの住宅は構造材に使われていますし、下地の多くも木で組まれることが多いです。
石は玄関や外壁などに多く用いられていましたし、漆喰や土も壁に使われていました。
しかし、高度経済成長期以降、建物の建築される数が多くなり、新建材が普及していきました。
流通する量も増え、価格も安く提供されています。

安価で安定して手に入る新建材はとても便利です。
しかし、新建材には大きな欠点がひとつあります。
それは時間が経つと劣化してしまうこと。
建物は長く在り続けることがとても重要です。
木造住宅の税務上の法定耐用年数は22年とされていますが、実際は2倍以上の53年以上と言われています。
しかしながら、古い建物では、原因は様々ですが、ビニルクロスが劣化し剥がれている様子をご覧になったことがあると思います。
張替えをしようにも、メーカーさんでは数年でデザインが変わってしまい、一部が傷んだだけでも全て張替えなければならないということもあります。


−自然素材を使うということ

つなぐデザインでは、安価ではない自然素材を使います。
床には無垢のフローリングを、外壁には漆喰、内壁には珪藻土などを選択することがあります。
では、なぜ自然素材を使うのか。

住宅を建てるには大きなお金が必要であり、何度も建てられることはとても稀です。
何度も建てられないからこそ、使われる素材はとても重要です。

自然素材の良さはいくつかあります。
その中で、新建材に含まれる化学物質などの健康への害が取り沙汰されることもあり、その比較として自然素材がフィーチャーされたりもしています。

ですが、つなぐデザインではその点はあまり重要視していません。
健康はもちろん大切なことです。
しかし、素材単体が自然由来のものであっても、完全に自然由来の素材は稀だからです。
そして、それを使ったとしても、建築として健康的であるかもまた別なものだからです。
建物は多くの材料が組み合わされた複雑なものであり、施工においても化学物質を完全に排除することは事実上、不可能であると思われるからです。

では、何故か。
つなぐデザインは『ロングライフデザイン』を重視しています。

『ロングライフデザイン』とは、大量消費される社会の中で、「長く作られ、使われ、愛されているもの」の価値を再評価しようという価値観のことで、建築業界でも重要なことです。
スクラップ&ビルドを繰り返してきたこれまでの流れとは決別し、長く使い続けられる建物を提供したいという思いが根底にあります。
そのためには、経年を許容できることがとても重要です。

建物は時間が経過することで、必ず傷みます。
それは、使われているのが新建材でも自然素材でも同じです。
長く使うものを選択するには、メンテナンス性も大事です。

塩化ビニール製のフローリング材は歩くことで表面が傷みます。
表面が削れてしまえば、張り替えるしかありません。
無垢の木は手入れをすることで、色が変わり、艶が出ます。

ビニルクロスはクロスや接着剤は劣化し剥離します。
時間が経つと、同じ柄が手に入らず、全面を張り替えるしかありません。
珪藻土や漆喰であれば、傷んだ部分だけを取り除き、補修することが出来ます。

メンテナンス性の高いものを選択することで、建物を長く使えるようになるのです。

そして、長く使うからこそ、普遍的で飽きのこないデザインを目指しています。
飽きられ、陳腐化してしまうようなデザインではなく、暮らしの根底となるように、シンプルな設えとすることで、長期の使用に耐えられるデザインをご提案しています。
それこそが、建築事務所が「ロングライフデザイン」を実践していく意義だと考えています。

今週末の17日(土)には「暮らしの相談室」(詳細はこちら)を開催致します。
是非、暮らしの悩みをお聞かせください。
お待ちしております。

【心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス】
家づくりのこと、デザインのこと、お気軽にご相談ください。