年末にぎっくり腰になってしまったため、更新することが出来ませんでした。
もうすっかり調子は良くなりました。


さて、松戸市の戸建て住宅の断熱リノベーションプロジェクト【松戸の家】のレポートです。

建築現場は着々と進んでいます。


少しだけ、断熱の話。

築40年にもなる木造戸建て住宅は、断熱・気密的に性能がとても低いことはご存知でしょうか。
木造住宅はその構造上、隙間がとても多い上、当時は断熱工法が導入されたばかりだったため、その性能が十分に発揮されることがありませんでした。
隙間が多いのも、昔の住宅は夏の暑さ対策を重要視していたことに起因しており、湿気と熱を家の中から取り除くことが目的でした。
その隙間が高断熱を実現する際には足かせとなっているのです。
つまり、断熱性能を高めるためにはしっかり隙間を埋め、家の中の熱が逃げないようにする必要があるのです。

また、住宅の部位のうち、熱が最も逃げる場所の一つが「窓(サッシ)」です。
窓は「サッシ」と「ガラス」を組み合わせたものですが、「サッシ」にはいくつか種類があり、断熱性能が違います。
性能順に並べると以下のようになります。

木製サッシ > 樹脂サッシ > アルミ樹脂複合サッシ > アルミサッシ

そして、これにどんな「ガラス」を使用するかで窓の断熱性能が決定します。

海外では断熱性能が最も高い木製サッシが主流となっており、国内でも採用することが出来るためオススメなのですが、コストが高かったり、開き勝手の選択肢が少ないなど、まだまだ選択しづらい印象が否めません。

木製サッシを製作することも可能ですが、しっかりとした技術と実績がないと、見た目だけで性能が伴わない木製サッシとなってしまうこともあります。

そのため、眺望や見え方が重要になる場所を除き、通常は樹脂サッシやアルミ樹脂複合サッシを選択しています。


さて、断熱リノベーションプロジェクトに話を戻します。

今回の設計では「アルミサッシ」を「アルミ樹脂複合サッシ」へと交換します。
ガラスも「シングルガラス」から、「Low-Eペアガラス」へと変え、断熱性能が向上を目指します。

今までの寒い住宅が変わり、暖かい暮らしが始まるまでもう少しです。

【心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス】