まずは床下の施工が始まりました。

以前もお伝えした通り、床下は土となっています。

そのままでは土から湿気が上がってくるため、その湿気を外部に排出する通気口が開けられています。
こちらの物件では更に換気効率を上げるため、換気扇が取り付けられていました。
築40年の木造住宅は気密性能がほぼ皆無のため、このままではせっかくの暖かい空気は全て逃げて行ってしまいます。

そこで、まずは湿気を止める必要があるので、防湿シートで土の部分を全面覆うことにしました。
シートはそれぞれが重なるようにし、重ねた部分は気密テープで隙間なく塞ぎます。

今の住宅の多くはベタ基礎となっており、土間コンクリートを打ってしまうので湿気が上がってくることは考えにくいのですが、土の場合は安易に床下通気口を塞いでしまうと湿気が溜まり、腐れや虫食いの原因となってしまうので注意が必要です。

とても大事な部分なので、床を塞いでしまう前に必ずチェックします。

【心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス】