かねてより進めてきました、松戸の断熱リノベーション工事がいよいよ始まります。

物件は区画整理地内に建つ、築40年にもなる木造住宅です。

お施主さまと共に歴史を重ねてきた建物は、傷んだ箇所を何度も修繕されており、とても丁寧な暮らしをされていたことが伺えます。
しかし、その流れた時間と共に、ライフスタイルが変化し、建物と暮らしの乖離が進んでいました。

そこで、お施主さまのご要望を伺い、打ち合わせを重ね、その思い入れのある住まいを、これからの暮らしに寄り添うものへとリノベーションを行うことになりました。

本リノベーションの命題は『温熱環境の改善』です。

多くのリノベーションは間取りの変更と水回りの更新のみですが、今回は断熱・気密の改修を行います。

今のお住まいは、夏の日中は2階の気温が30度を軽く超え、冬の日中でも10度を下回るほど冷え込みます。
これでは夏はエアコンをかけ続け、冬はストーブを使い続けて暮らすしかありません。
断熱リノベーションを行うことで、心地よい暮らしをつくりあげたいと思います。

断熱や気密というものはとても重要なものですが、工事が終わり、暮らしが始まると見えなくなってしまいます。
そのため、キッチンやユニットバス、エアコンなどの住宅設備や仕上げといった、目に見え、使い、触れられるものへとコストが偏っていまいがちです。
限られた予算の中で、全てのご要望にお応え出来ない可能性も考え、コストのバランスを取ることがとても重要な作業となります。
今回の断熱リノベーションでも、住宅設備への比重が高くなっていたため、暮らしの基本を整えることを優先し、断熱・気密をしっかりと改善します。

工事の内容は、ブログで随時ご紹介していきます。
お楽しみに。

【心地よい暮らしをつくる建築事務所・つなぐデザインオフィス】